隠 れ 美 ら 海 水 族 館

オキちゃん劇場の裏窓

 イルカショーは、客席から見物するのが一般的でしょうか・・・。華やかに、つぎつぎと繰り広げられる、イルカ君達のショーは、この水族館の花形です。それだけでも十分魅力的で、楽しめますが、ステージ建屋の裏側にまわって、待機水槽の内を覗いて見るのはいかがでしょうか? 

 そこには、二つの大きな丸窓があります。

 その一つは、子イルカの経過観察をするために、親子だけで泳がせている水槽です。可愛らしい子イルカ達が、親と戯れる姿を観察することができます。しばらく覗いてると、イルカ達の方から私達を観察にやって来ます。ガラス一枚を通し、ドアップでイルカ君達と接することが出来ます。子イルカが、興味深そうに愛想をふりまき、親イルカと丸い窓辺に佇み、独特の語り声を上げて、一生懸命に話しかけてきます。何だか会話が成立してる錯覚すら覚える感動がそこにはあります。

 ここは、ステージ側からは死角になる位置ですから、イルカ水槽の外側に沿って、まわって行かねばなりません。そうなんです。ステージの左側に広がる芝生広場を下った、丁度、水槽の真裏に位置するのです。水槽に沿って通路が整備されております、ここまでまわって来られる方は、ほとんど居りません。まさに、そこは隠れスポットです。

 是非、是非、少しツアーの列を離れ、覗いて見る価値ありますよ! そこには、確かな感動が待ってます。お隣にも、待機イルカ君達が退屈してます。是非、この窓も覗いて見てください。イルカ君達と、一対一で接することができて最高ですよ!!

 

木道を歩いて海岸散策……

 オキちゃん劇場の裏側を進んで、”夕日の広場”に向かって歩いて行くと、海岸沿いを進める、整備された木道が通っています。途中に、白砂浜のプライベートビーチへ降りられる階段が整備されており、手つかずの海辺を楽しむこともできます。浜に降りれば、目線が下がって、沖合に浮かぶ伊江島も、また、ちがった姿を見せてくれるから不思議なんです。流れ雲や、雲間から射す、お日様のスポットライトが、刻一刻と移り変わりゆく海の姿を楽しむこともできます。さらに木道を進むと、お花畑に出るのです。左手丘の上に、茶色煉瓦の尖塔、熱帯ドリームセンターが見えて来ます。広大な芝生の庭が広がっており、こども達のアトラクション塔屋もあります。そこには、あたりの景色とは不釣り合いな、近代的な、ガラス張り建物がそそり立っています。それが、夕日の広場展望レストハウスです。空調の効いた清潔な室内で一服し、エレベーターで、一気に、センターのレストランに至るブリッジを上りつめると、そこは、水族館から瀬底島に至るエメラルドブルーの海と、岩礁に砕け散る白波を一望することが出来る、大パノラマが広がっています。

海に向けて突きだすごとき木道

 あの先に白砂ビーチへ下る階段が……

       各写真をクリックすると動画がご覧になれます