エッセイ 

 私たち家族が、一匹の大型犬と出会ったのは、十五年ほど前に遡る。 犬種は、ゴールデンレトリバーのオス。 成長し過ぎて、子犬としての展示期限が迫っていた。 前月に、私達は七年あまり飼いつづけてきた雑種犬を、原因不明の病で亡くしていた。 五人の子供達が、幼児期から可愛がってきた犬であった。 名をチャイといった。

 庭の真ん中に打ち込んだポールに、長ひもでつながれて、庭中を駆け回っていた。 時に、長紐(ひも)がポールに絡みついて、ひどく活動範囲を制約されることはあったが、領分を侵されぬ限り、結構逞(たくま)しく、そして、悠長に過ごせていたのだと思う。

 そんな彼を悩ませていたのは、散歩で近づくお仲間か、毎夜、出没するタヌキやアライグマ達だった。 夜中に現れる野生化した動物達との戦いは、激しいもので、彼らのお目当ては、チャイが食べ残したドッグフードだった。彼らの攻撃は執ようで、日ごと逞(たくま)しく成ってゆくチャイは、荒い気性の一面も覗(のぞ)かせるようになった。しかし、我が家の子供達には、いつもやさしく接してくれていたのだと思う。

 そんな矢先に、突然、チャイを原因不明の病が襲った。 その頃、鎌倉には、次々と動物病院が誕生し始めてはいたが、雑種犬の彼には、いたって冷たいあしらいで、中には、雑種であるからと、門前払いをくわせるものまであった。 そんなわけで、チャイの病名は分からずじまいに終わり、発病から半年にして他界したのであった。

 悲嘆に暮れる子供達に背を押され、国道1号線沿いにあった、ペットショップに立ち寄った。 そこで出会ったのは、展示コーナーの片隅で、成長し過ぎて、販売期限が迫った、他の子犬達よりもひと回り大きなゴールデンの子犬だった。 子犬と言っても、周囲の展示犬と比べたなら、親犬と見紛(まが)う大きさであったのだが……。

 彼の仕草は、確かに幼犬そのものであり、何とも愛くるしく、抱かせてもらった、まだ低学年の子供達は、まずは、彼の体重に圧倒され、人懐こく、大きな舌で、ところかまわず舐(な)めまわす仕草に、たちまちにしてスキンシップが出来上がってしまった。 すっかり、この犬の虜(とりこ)になった我が家族は、即決で、買い受けることを決め、期限ギリギリであったこともあって、お店も、見切りで手放してくれたのだ。

 初めて飼う室内犬。 それも、日ごと成長していく大型犬。 最初の内こそ、中袋だったドッグフードも、すぐ大袋に……。 その後は、1度に3袋ずつ大袋を買う羽目に追いこまれたのだ。

 特に、犬好きだった長女と次女は、躾(しつけ)教室にも通い「やんちゃな最初の三年間を、しっかりと遊ばせて、躾(しつ)ければ、後は飼い易(やす)い」と教わって、忠実にこの教えを守ったところ、家じゅうの柱は齧(かじ)られ、壁は剝がされて、築40年のボロ家は、たちまちにして見通しの良い、廃屋寸前にまで追い込まれたのであった。

 しかし、その三年後、彼はやたらと粗相をしない、オトナシクて、従順な室内犬へと成長していた。 名を、ブルペンと名付けた。

 この犬とは、買い入れた中古モーターホームで、共に、国内各地を巡り歩き、家族一同、幸せな情景をたくさん思い出に残すことが出来た。

 当時は、まだ七十代後半であった母が、突然、脳梗塞で寝たきりになってしまった。 母は、犬に対して恐怖心を持ち、元気な頃は、身の回りにブルペンを寄せ付けることを極端に避けていた。 子供達がいない昼間、呼び鈴で、排せつ介助に向かった私に、誰もいない筈(はず)の、彼女の部屋から、誰かと話をする母の声が聞こえてきたのだ。 不思議に思って、そっと、部屋を覗(のぞ)いた私の目に、母のベッドの傍らで座り込んで、彼女の顔をジッと見つめるブルペンの姿が飛び込んできたのだ。 少し認知症が始まっていた母は、彼に向かって、盛んに自分の思い出話を語り聞かせていた。

 しばらくその場で彼女の話に聞きいった。 それは、彼女の幼少時に、長野県佐久の畑のあぜ道で、野犬に追われた恐怖を語るものだった。 なぜに、自分が犬嫌いになったのかを、その大型犬に話し聞かせていたのだ。 ブルは静かな目をして、ジッと彼女の話に聞き入っていたが、時折、キューンという寂しげな声を、まるで相づちを打つかのようにあげていた。 やがて、彼女の少し麻痺(まひ)した左手が、ブルペンの頭上に置かれた。 その手を、ブルは愛(いと)おしいものでも舐(な)めるように、大きな舌で舐め始めたではないか。 なぜか、その時、母の目には涙が溢(あふ)れていた。 その日から、ブルペンを、母の部屋で見かけることが多くなった。

 そのブルペンも、飼い始めて十一年を経たあたりから、体調に異変を見せるようになった。 次女は、既に、動物看護士とトリマーの資格を得て、横浜にある大手動物病院で働いていた。 その伝手(つて)で、何回かの手術を受けさせて、命を繋(つな)いではきたが、結局は、この病院で余生を終えることになった。

 その最後を、彼女と共に、寝ずの看病してくれたのが、現在の伴侶である動物医師だった。  二人は、その後、川崎市宮前区に動物病院を開業した。 名を「ゆいまーる」。 沖縄言葉で「どこに住んでも、等しく共に安心して暮らせる」といった意味合いのようだ。「大切な家族であるペットと共に」と言うことなのだろう。

 院長の彼も、若い時には職種を転々として、人間関係の難しさに悩みつつ、いつしか獣医の道を歩むことになったのだと聞く、メンタル豊かな男である。 獣医となってからは、二十四時間動物救急病院で、救命医としての経験も長く、特に、動物腫瘍の治療に、高い関心と技能を持っているようだ。 彼らが立ち上げたホームページを覗(のぞ)かれたなら、きっと、その情報量の豊かさに驚かされるであろう。

 ゆいまーる動物病院。 そこは、動物との共生を目指す二人の砦(とりで)なのだ。

へそ曲がり推薦の優しいやさしい動物病院 

川崎市宮前区にあります。 

病気のお話頁にもご注目ください。

僕をクリックしてね! ゆいまーる動物病院へどうぞ
私をクリックしてね! ゆいまーる動物病院へどうぞ
クリックしてね! いらっしゃいませ ゆいまーる動物病院です