あ ら  じ

地元に生きた団塊世代のみが知る沿線風景に
観光情報をプラスしました

大船~江の島間を走る湘南モノレール
ジェットコースター路線とも呼ばれる人気路線です
沿線では開通前後から開発がはじまり
いくつもの巨大住宅地が誕生しました

この沿線には昔
合掌造の農家が建つ
のどかな田園風景が広がっていました
廃寺寸前のおもありました


戦争遺産である高射砲陣地が広がり
進駐軍専用のHOTELやゴルフ場もありました
そんな過去を知る人は少なくなりました

始発駅の大船には
哀愁ただようミニ歓楽街がありました


研究所の移転や国鉄工場の閉鎖が
町の表情を一変させてしまいました

モノレール延線の風景を思い出の中に綴りまし
散策情報にもリンクをつけておきました

湘南モノレール沿線の
過去と現在を記しました


 

 

エッセイの一部をご紹介してます

 

 湘南モノレールは一九七0年(昭和四十五年)に、大船駅から西鎌倉駅間で開業しました。
 工事が始まった頃は、モノレールと言ったなら、有楽町と羽田を結ぶ“跨線式モノレール”しか思い浮かばなかった私に、“懸垂式”と呼ぶ、図鑑でしか見たことのない新型車両を想像し、開業が待ち遠しかったものでした。 
 当時、大学に通っていた私は、津西の自宅から一山越えて、諏訪ヶ谷バス停まで坂道を下り、そこから京急バスでJR線大船駅へ出ておりました。 
 しかし、モノレールの開通と共に、私の通学コースは、早めに家を出て、諏訪ヶ谷をまわり、西鎌倉駅まで歩くコースに変わっていました。
 物珍しさがそうさせたのでした。

 この頃、諏訪ヶ谷バス停から西鎌倉駅に至るバス通り(旧京急有料道路)には、左手には開発されて新しい西鎌倉住宅地の高い擁壁が迫っていて、右手に西鎌倉駅へとつづく、藪野原で覆われた丘を仰ぐような、谷戸の底を走っている道だったのです。
 通り沿いには家並みはなく、現在の西鎌倉子ども会館付近には、開発に失敗し長く放置されてしまった、鬱蒼(うっそう)とした茂みで覆われている斜面でありました。
 そんなわけで、夜道には街灯も無く、真っ暗なその道は、男性でも歩くのが憚(はばか)られる異空間だったのです。
 午後十一時をまわると、路線バスも無くなって、十一時四五分大船駅発最終モノレールに乗車し、終点の西鎌倉駅に降り立つ頃には、既に午前零時をまわっていました。
 流石にこの時間ともなりますと、その異空間へ向かう人影は無く、やむなく、私も県道側の道を、中川バス停まで出る遠まわりをして、帰路についたものでした。

 開通翌年の一九七一年(昭和四十六年)七月一日になりまして、路線は、現在の湘南江ノ島駅まで延長されて全線が開通したのでした。

 実は、この時、私は便利になった反面で、ガッカリもしていたのでした。と言いますのも「モノレールが通る」と話が持ち上がった頃には「江ノ島本島が終点になる」と聞かされてた記憶があったからでした。
 計画では「将来的に国道一三四号線を平塚方面にまで繫がる」といったお話も、流布されておりましたから、いつの間にか、その話も立ち消えになっていたからでした。
「あれは、人々の夢が膨らんだ末の、ただの思い込みであったのでしょうか?」
 己の夢に対する消失感が強かったのです。

 開業当初は、二両編成でスタートしたモノレールも、その後、朝夕のラッシュに対応するために、ホームの拡張が進められ、今日の、三両編成で走るようになったのです。
 開業時の車両には、クーラーなど設置されてはおりませんでしたし、通勤時間帯には、JR並みの混雑になって、乗り合わせた車両の窓ガラスが割れる騒ぎまでが、度々起こっていました。

 また、道路の上空を走る危険性を思い知らされたことがあります。
 ある日のこと、片瀬山駅に向かった私は「全線不通」と知らされました。やむなく、バスに乗るべく、諏訪ヶ谷バス停へ通りを下って行きますと、なんと、その先には、クレーン車の先端がモノレールの運転席に食い込んでおり、ショッキングなシーンに出くわしたのでした。
 この時になって、私は初めて悟りました。
 モノレールは一般道路との共用空間を走る、新型の交通機関だったのだと……。そこには、一方のルールだけでは守れない安全環境が、厳然と存在している事を……。
 “懸垂式モノレール”の快適性は、行く手を阻むものに煩わされないからなのだ、とも悟りました。安全性とダイヤの正確性を担保する為には、それらが表裏一体の関係にある事を忘れていたのだと……。
 路上空間を利用するという事は、モノレールに、行く手空間の専有を保証したものでは無い事を、改めて悟らされたのでした。
 モノレールの快適性は、乗客の視界を遮るものが少ない事によるのは間違いありません。車窓から見下ろせる景色の素晴らしさは、乗客の視線が路上を走っている車のそれとは異なっており、平均目線高五m以上もあるところによるからと思われます。
 車窓から俯瞰される景色は、遊園地を周遊するものとは異なり、新鮮な感動を、乗客に与えてくれます。
 これまで、バスの車窓から見慣れた街並みも、新たな目線を獲得した事により、生まれ変わったところにあるのではないでしょうか?
 晴れた日には沿線の随所から遠望される、富士山や丹沢の山並を、また、遠く湘南の海の輝きさえをも臨めるようになったのですから……。
 さらに季節ごとに移りゆく、周辺の山並みから、色彩の変化を感じ取ることも適うようになったのですから……。