あ ら す じ

 

押し寄せてくる情報津波に蠢く危機

それを探知する会社のお話です

「類は友を呼ぶ」と申します
学者、役人、リサーチャー
まったく異なる社会で活躍してきた三人が
「観察」のKWで結ばれます
誕生したのがRP社

パソコン通信 インターネット 携帯電話
通信・放送融合社会にスマホの普及

情報洪水と言われてきた環境が
情報津波として襲いかかってきてます

玉石混交の情報津波

視点を重ね合わせて見えてきたモノとは?

情報に「踊らされず」
「踊り切る」には
「確かな視点」が必要です
視点の重なりに見えた輝きこそが・・・

そう考えた先達には勢いがありました
そこは女性の社会進出が進んだ
社会でもありました
そんな処へ
へそ曲がり男が飛び込んで来ます

情報マトリックスを駆使して
生み出した視点が
女性支配の職場に変革をもたらします


鎌藤シリーズ第一作目!!
「島で裏社会が暗躍する産廃処理のお話し」 
マスコミを賑わせる枯葉剤の行方も絡み
奇想天外な現実が明らかになります

周囲と異なる視点の魅力をお楽しみください!

あなたはへそ曲がりと呼ばれたことがありますか?
周りこそがへそ曲がりであると私は考えてます
チョコットずれた視点からは
見えなかったモノが見えて来るからなのです

「リソース・クライシス」とは
そんなサスペンスチックなお話です



 

 

小説の一部をご紹介してます

 

 リソース・マスター(RM)の現場は、いつも肉食系女子との戦いだった。とりわけ俺の天敵、佳子との戦いが主戦場となったのだが……。

 さて佳子との出会いは前に少し触れておいたが、15年前に遡る。俺がRP社の神奈川支部で仕事をしていた頃のことだった。
 伊勢原にあった屠殺場の仕事で、社長の吉田から紹介されたのが初対面だった。
 国立女子大を主席で卒業した才媛とのことであったのだが、彼女の第一印象は、すこぶる異なものだった。
 その日は土砂降りの雨であった。
 伊勢原にあった、当時は農協施設の一部だったその駐車場で、俺は吉田のベンツに乗って彼女を待っていた。
 降りしきる雨に煙る畑中の一本道を、颯爽と二台のハーレーが腹に来るエンジンの超低音を響かせながら近づいて来た。
 一台は鮮やかな真紅の塗装であり、その後ろにつづくもう一台はメタリックブルーといった、ド派手な井出達の二台の大型バイクが駐車場の待機テント屋根の下へ滑り込んで来たのだ。
 ベンツを降りた吉田と俺の前に現れたのが、赤ヘルメットを脱いだ身長180センチはある、髪の長い美女、それが佳子だった。
 赤革の上下スーツに身を包んだ彼女の第一印象は、外国映画に出てくる美人女スパイだった。
 ところが、この美女、俺に対しての第一声は「な~んだ。上から100、100、100のドラエモンか……」だったのだ。
 確かに肥満気味の俺ではあったが、これを聞いた瞬間に、彼女に対する印象は一変してしまった。
 容姿とはまったく似ても似つかぬガサツで戦闘的なその女を、俺は“コヨーテ”と呼ぶことに決めた。
 戦闘的で礼儀も常識も欠落した女が、誰から見ても美人という皮を被った野性人種という印象からであった。
 一緒にやって来たブルーの方は「森」と吉田から紹介された。
 こいつはメットを取ると背丈は160センチぐらい。
 眼鏡をかけた高倉健がニヤケたような男であった。
 こいつときたら、やたらと人懐こくて、いきなり初対面の俺にハグしてきやがったもんだから、思わず突き手の要領で右手を差し出したら、意図も簡単に後ろの水溜りに仰向けにヒックリ返りやがったのだ。
「大丈夫かよ。コイツ!」
 それを見て俺は思わず口に出してしまっていた。
 すると佳子が彼を見下しながら「軟いんだよ。コイツ!」
 彼女はそう言って横を向くと、舌打ちしやがったのだ。
 この森が、のちに太極拳の大先生になろうとは、人の人生とはほんとうに分からないものだ。
 ビショ濡れ姿で立ち上がった森は、そんな仕打ちを気にすることもなく、笑いながら俺に握手を求めてきた。
「いや、いや。一昨日までイタリア旅行に行ってたもんで、失敬……」
 なんだか分からん言い訳を言ってた。
 俺とこの森が後々まで腐れ縁になろうとは、そして、劇的事件に巻き込まれようとは、その時は知る由もなかったが……。
 かたわらで俺達を見守っていた吉田が、佳子に「ここへ君のスタッフで入ってもらう。森君。君の処からも3人ほど入れてもらうことになるから。今日は鎌藤さんが、ここの人事課長と縁戚ということで、場内で不足する緊急人員の補充名目で、案内を受けてくれるかな……」
 それだけ言い残すと、吉田はサッサとその場を去って行った。
 この時の俺はRP社の仕事を手伝いはじめて一年が経過したくらいの頃だった。
 しかし、現場を直接覗くのはこの時が初めてだったのだ。
 佳子が馴れ馴れしく俺の肩に手を掛けながら「ねえ。ドラちゃん」と話しかけて来たのだ。
 あまりの馴れ馴れしさに俺は思わず「ドラちゃんって、俺は鎌藤だけど……」と言い返すと「どっちでもいいんだけどさ。ドラちゃん」
 背丈のデカイ佳子は、170センチの俺を見下すように、ニヤッとしながら繰り返す。
 彼女、なかなか押しが強そうだ。
 俺はすっかり馬鹿にされた気分で、彼女を無視して森に向かうと「じゃあ、行きますか?」そう声をかけると、森の方は「ハイ」と素直に応じ雨の中を小走りに進む俺の後に従いて来た。
 とにかく土砂降りだったので、俺達は事務棟の玄関に駆け込んでうしろを振り返ってみた。すると、佳子はさっきの場所に突っ立ったままで、こちらにやって来る気配をまったく見せなかった。
 ムカっときた俺は、彼女を無視して、そのまま森と事務棟内へ入ってしまった。
 既に、玄関脇の応接で俺達を待っていた人事課長に、森を引き会わせることにしたのだ。
「早速ですが、明日から男性3名、女性4名の手配がつきましたので、これで何とかなりますでしょうか?」
 そう言ったら「いや、いや、今回は急なお願いでスミマセンでした。米国産輸入牛の話もありまして、臨機応変の処理が求められてはいるんですが、ここは機械化が遅れとりましてね。基本的に人海戦術ですから。いつもなら農閑期で、農家から人を出してもらうんですが、先日の台風で、農家もそれどころじゃなくなりましてね。弱っとったんですわ」 
 課長は頭を掻きながら話した。
「それで、女性の方々は大丈夫ですよね?」
 心配そうに俺に聞いてきた。
「ええ。外に一人来ておりますが、チョット催しちまったようで、直ぐに参りますから彼女に再確認させますので・・・」
 適当なことを言いつくろって、彼女を呼んで来るよう森の脇腹を肘で突いた。
 しばらくして森が一人で戻って来ると「彼女、トイレを探してるのかなあ……? それとも、ただ長いだけなのか……」
 そう首を傾げながら言うのだが一向に要領を得ない。
 その時だった。
 外から「ギャー」と言う、かなり甲高い不気味な女性の悲鳴が事務所内に聞こえてきたのだ。
 タバコを吹かしてた課長は、ビクッと顔を上げると、目のあった俺に向かって「屠場を覗いちまったかな?」と、俺には分からないことを言い出したのだ。
 課長は血相を変えて俺達をその場に残したまま、事務所の裏口へ駆け出して行った。
 そうしたら裏口ドアーが表から引き開けられ、上から下まで白カッパのようなビニール製と思われる服装の男が駆け込んで来ると、課長の前に立ち塞がっていた。
「課長! 外の女が、屠場の整列柵扉を開けっ放しにして、ブッ倒れちまいやがったもんで、大変なことになってます!」
 そう叫んでるではないか。
 俺達も、直ぐに応接を飛び出し、課長達のあとを追った。
 事務所の裏口を抜けると、そこは強烈な異臭の世界だった。空気は血を煮えたぎらせたような悪臭と消毒薬が入り混じり、慣れない俺たちに、強烈な吐き気を催す異臭だった。
 外廊下の先に、屋根だけの体育館みたいな建物が先までつづくのが見えた。そちらに向かって進んで行くと、前方に三~四人の人だかりが見えてきた。
 その先には、開けっ放しの柵扉の向こう側にある広場へ向けて、一目散に逃げて行く牛の列が目に飛び込んできた。
 あちこちから集まって来た人々が、その牛達を遠巻きに、他の方向へ誘導しようと、口々に叫ぶ声も聞こえて来た。
 やっと最初の人溜まりに駆け寄った俺達の目に、グチャグチャの床の上に、真っ赤な革スーツをまとった女が、大の字になって気を失っている姿が飛び込んで来たのだ。
 それを見て俺は思わず「この馬鹿女が!」と言ってしまったのだ。
 そしたら、気を失っているとばかり思ったその女の目が、カーっと見開いて、右手は俺のズボンの裾を鷲掴みにすると「馬鹿女だと? テメエ。ドラえもんが……」そう言うや、その場に立膝で起き上がろうとするが、床が滑って、彼女、上手く立ち上がれなかったのだ。
 そうこうしてる内に、床のヌカルミの正体が血泥だと分かるまでに大して時間はかからなかった。
「異臭の正体見たり」と気づいた俺達は、一気に気分が悪くなって、そばの柵を掴むとシャガミ込んでしまっていた。
「イヤー参ったな。ここは外部の人が入って来る所じゃないもんで。どうしようか……」と課長。
 そこに居合わせた職員連中が、オタオタしながら三人を抱え起こすと、事務所裏のシャワー室へ担ぎ込んでくれた。
 取り敢えず血泥で汚れた3人の服装部分を、素早くシャワーで洗い流してくれるのだが、その流れ落ちてる、湯で薄まって広がる血を見て、三人は生きた心地もしなかった。
 それでも服に付いた血がもう湯では落ちないところまで行くと、少し気持ちが落ち着いてきた。
 課長さんが「あそこは通称ギロチン街道と言って……」
 現場の説明をはじめたのだが、俺達はそんな話に耳が向かず、とにかく佳子に向かって「おまえ。アホか! プライドばっかで使えねえじゃないか……」そう怒鳴ってた。
 その時だけは少し殊勝な顔をしてた佳子であったのだが「チャーンと明日から来るもん。他の娘も連れて来るから、大丈夫だもん」
 すねたような涙目で俺に言いやがった。
「さっきの無様じゃあ、四人でブッ倒れられたら、ここじゃ仕事にならねえんだよ!」そう畳み掛けてやった。
 それでも佳子の奴「大丈夫だもん。ダイジョブだって言ってんだろう! この、クソドラが……」いきなり豹変して、啖呵を切りやがったのだ。
 そのやり取りを見てた課長が、笑いながら「あんた達に入ってもらう所は、あんな場所じゃなくて、出荷センターの方だから……」と、明日から入る場所の説明をはじめた。
 話してた課長は、その時になって佳子の美貌に気がついたのか「しかし、こんな別嬪さんが入ってもらえるんかね?」とニヤケながら言うのだ。
「美人は特だな」って思ったが、こちとら頭に来てたから「用が済んだら、ついでに屠殺しちまってください!」
 腹立ち紛れにそう言ってた。
「まあ、お顔に似合わず凄いね。この娘」
 課長が付け足すもんだから「似たり寄ったりの凶暴なメスが、明日から4人来ますんで、よろしくお願いします」
 そう言って方法の体で俺たちはそこを辞してきたというわけなのだ。